クリニックブログ

2021.03.13更新

口内炎の原因として、栄養状態とともに、からだの不調も考えられます。

繰り返しできたり、長期化する場合は、病気を疑って注意することも必要です。

風邪などの発熱は、粘膜の健康を守るビタミンB2を消耗することから、特に口内炎ができがちですexplosion

 

病気に伴う投薬で口内炎ができことも少なくありません。

 

 

もともと私たちの口の中にはいろいろな微生物がいて、

互いに抑制しながら細菌やカビの繁殖を防いでいます。

 

ところが抗生物質の長期服用により、このバランスが崩れると、口内の炎症をおこすことがあります。

常備薬の副作用で口内炎ができるケースもあるので、かかりつけ医に相談してみましょうlight bulb

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

2021.03.13更新

もともと私たちの口の中には、無数の常在菌や微生物が生息し、

互いに牽制しあいながら健康的なバランスを保っています。

 

しかし、さまざまな原因でバランスを崩すと口内環境が変化。

特定の菌が繁殖して腫瘍性の口内炎ができたりします。

さらに、歯みがきや間違って頬の内側を噛んだり、入れ歯や矯正器具でできた

ちょっとした傷にも感染して炎症を起こしやすくなります。

 

細菌やウイルスに感染しないためにも、口の中はいつも清潔に。

歯の詰め物、歯垢、歯石も細菌を繁殖させやすいので、

正しいブラッシングやうがいなどの習慣が口内のトラブルの予防になりますnicoglitter

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

2021.03.13更新

唾液(だえき)が減って乾燥した口の中は、口内炎になりやすい状態になっています。

汚れを洗い流して抗菌の働きをするだけでなく、

粘膜の保護や修復する役目がある唾液は、口内を正常に保つためにも重要なのですlight bulb

 

たとえば歯みがきや食事、頬を噛んだりして口の中に傷ができた場合、

唾液の分泌が少ないと細菌を洗い流せずに増殖。口内炎ができてしまいますshun汗bibibi

 


唾液の分泌が減少する原因としてまずあげられるのが、加齢です。

年齢とともに唾液腺の機能や周辺の筋力が低下することにより、

唾液の分泌が減って口内が乾燥してしまいます汗

 

若い世代でも、口呼吸や喫煙、ストレスなどは口内炎や口腔衛生の大敵。

頬の内側の粘膜や舌がねばついたり、へばりつく感じがしたら、

口内の乾燥と口内炎の発症に気を付けましょう。

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

2021.03.13更新

口の中の粘膜は、代謝を繰り返して、常に新しく生まれ変わっていますglitter

しかし、たまった疲れや睡眠不足が続くうちに代謝が滞りがちになり、粘膜の再生力がダウンbibibi

荒れやただれといった潰瘍が口内の表面にできてきますun

 

 


疲れとあわせて、ストレスが溜まっているときにもできやすい口内炎。。。


粘膜の健康に関わるビタミンB2は、食事で摂った栄養をエネルギーに変換される時に使われるため、疲労やはげしい運動などで大きく失われます。

また、睡眠不足や風邪なども体内のビタミンB2を消費。口内炎の原因をつくってしまいます。

 

ストレスにより必要量が増すことで不足気味になり、口内炎ができやすくなりますuun

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

2021.03.13更新

忙しい生活で食事が不規則になり、栄養バランスが崩れてしまうと、

すぐに口内炎ができるという方も多いのではないでしょうか汗

 

健康には、バランスよく食べることが大前提ですが、

栄養素の中でも特にビタミンB群は口腔など粘膜の健康に大きく関係しています。

 


代謝に関わるビタミンB2が不足すると、口内の炎症、唇のひび割れなどの原因に。

さらに免疫のビタミンといわれるビタミンB6が足りない状態では

細菌の影響を受けやすくなり、口内炎を招きやすい状態になってしまいますexplosion

 

積極的に以下の食品を摂取してみましょうlight bulb 

 

<ビタミンB群の食品>

ビタミンB2 

うなぎ/牛・鶏・豚のレバー/サバなどの青魚/アーモンド/納豆/卵/乳製品 など

ビタミンB1 

豚肉/ハム/うなぎ/海苔/豆類/小麦胚芽 など

ビタミンB6 

牛・鶏・豚のレバー/マグロ/カツオ/バナナ/ニンニク など

 

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

2021.03.13更新

口の中やくちびるなど周辺の広い範囲に腫れや炎症が及ぶ口内炎。

主に頬の内側や歯ぐき、舌にできやすく、唇や口蓋、のどの周辺にできることもありますlight bulb

 


また、できる部位によっても分類されており、

歯ぐきにできたものを「歯肉炎」、

舌の場合は「舌炎」、唇や口角では「口唇炎」「口角炎」といった用語で呼ばれます。

 


食事や歯磨き、会話するたびに、しみて痛む口内炎は、

食も進まずに栄養不足になったり、ストレスを感じたりと心身の不調にも結び付きますnamida

 

繰り返しできないように、栄養バランスや口腔ケアに気を配りたいものです。

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

2021.03.13更新

「口内炎」とひとくくりに呼ばれていますが、

軽度なものから重度なものまで、いろいろな症状があります。


食事がしみやすいものの痛みがあまり強くなく、

粘膜に赤い腫れやところどころにポツポツと斑点や浮腫ができるのは、

比較的軽症の口内炎と言えます。

 

中でも最も多いのがアフタ性口内炎と呼ばれる症状。

白か黄色の膜で覆われた米粒くらいの潰瘍ができ、食べ物がしみることがあります。

通常1~2週間で治まりますが、繰り返しできる場合もあります。


重度になると、びらんと呼ばれるただれや、白い膜が覆ったり、

盛り上がりやえぐれた穴や水疱ができる場合も。

 

食事や会話もできないほどの痛みを伴い、出血がみられる場合は重症の口内炎が考えられます。

いずれの症状も、何かしらのトラブルやからだの不調を知らせるシグナルである口内炎汗

軽視せずに気を付けてみてくださいねni

 

 

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

2021.03.13更新

こんにちわ。

河合歯科 DH斉藤ですglitter

今回は口内炎についてまとめてみました。

 

しみたり、痛みが続いて食事や会話するのもつらい口内炎汗

さまざまな原因や種類があり、症状にあわせたケアが大切です。

 

「口内炎」は、その名の通り、口の中やその周辺の粘膜におこる炎症の総称です。

主に頬の内側をはじめとする広い範囲に発生する炎症で、多くが痛みを伴います。

ひとつだけでなく、いくつもできたり、長引く場合もあります。


口は、食事や呼吸、会話などで外部に接する器官だけに、

ほこりや細菌、ウイルスなどの影響を受けやすく、

口内炎を引き起こす原因もあらわれる症状もさまざまです。

 

これからは口内炎の原因や対処方法について

ご紹介していきますni

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

2021.03.13更新

歯科矯正で「スマイルライン」と「Eライン」を整えようniconote2note2


「スマイルライン」と「Eライン」に影響を与える悪い歯並びは、歯科矯正で改善できます。

 


歯並びがデコボコになる叢生・すきっ歯は、スマイルラインをガタつかせます。

「出っ歯」と表現される上顎前突(じょうがくぜんとつ)や、

「受け口」ともよばれる下顎前突(かがくぜんとつ)では、

Eラインのバランスが崩れる傾向にあります。

 


心当たりの方は、ぜひ一度、審美歯科・矯正歯科にご相談ください。

歯科矯正で口もとの美しさをデザインし、

自信に満ちあふれたワンランク上の笑顔を手に入れましょうglitter3

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

2021.03.13更新

横顔は自分が思うよりもずっと他人から見られているんですmagnifier

 


鏡で自分の表情をチェックするとき、正面から見る人がほとんどでしょう。

しかし、周囲の人からは意外にも「横顔」が意識されています。


「正面からジロジロ見るわけにはいかないけれど、横顔なら見てしまう」

「集中している横顔に思わず見とれてしまった」など、

男性からの注目度が高いのも、実は横顔なのですheart

 

 

【自分でEラインをセルフチェックする方法】

Eラインを自分でチェックするには、定規を鼻先とあごに当ててみます。

唇が当たらない位置にある、もしくは、軽く触れる程度なら、あなたは理想的なEラインの持ち主です。

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

前へ 前へ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、印西市にある

千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。