クリニックブログ

2021.03.13更新

唾液(だえき)が減って乾燥した口の中は、口内炎になりやすい状態になっています。

汚れを洗い流して抗菌の働きをするだけでなく、

粘膜の保護や修復する役目がある唾液は、口内を正常に保つためにも重要なのですlight bulb

 

たとえば歯みがきや食事、頬を噛んだりして口の中に傷ができた場合、

唾液の分泌が少ないと細菌を洗い流せずに増殖。口内炎ができてしまいますshun汗bibibi

 


唾液の分泌が減少する原因としてまずあげられるのが、加齢です。

年齢とともに唾液腺の機能や周辺の筋力が低下することにより、

唾液の分泌が減って口内が乾燥してしまいます汗

 

若い世代でも、口呼吸や喫煙、ストレスなどは口内炎や口腔衛生の大敵。

頬の内側の粘膜や舌がねばついたり、へばりつく感じがしたら、

口内の乾燥と口内炎の発症に気を付けましょう。

投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、印西市にある

千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。