Home > 診療メニュー > 予防歯科について

予防歯科について

千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科の予防歯科

予防歯科について

「まずは虫歯にならない口内環境をつくる」

予防歯科は、近年もっとも注目されている分野で、実際に多くの歯医者さんが力を入れているものです。当院でも「まずは虫歯にならない口内環境をつくる」ことを重視しており、予防歯科の大切さを患者さんにお伝えしています。

虫歯の予防

「唾液の力を利用した治療」

人間には、さまざまなかたちで「自然治癒力」や「抵抗力」といったものが備わっています。虫歯予防においては、これらをいかに効果的に活用できるか、あるいは「活用できるような状態に導くか」が一番のポイントです。

しかし、その最適なアプローチは、患者さんの「細菌数」「唾液のポテンシャル」「生活環境」などによって異なりますから、それを見極めるためのヒントを多く得るためにも、緻密な診断と検査が必要なのです。

歯磨きの指導やフッ素塗布などを通じて、患者さんの口内環境を整え、「虫歯になりにくく、なったとしても進行しないお口の環境」をつくること。これこそが予防歯科の大きな柱といえるでしょう。

【虫歯予防のポイント】

虫歯の予防には3つのポイントがあります。

 唾液のポテンシャルを知ると同時に、歯の耐酸性を知る
 お口の中の細菌を減らす
 自分の生活環境を見つめ直す

この中でも最も重要なのが「自分の生活環境を見つめ直す」です。

一例として、歯磨きをあげましょう。唾液は本来お口の中を清浄化する能力を持っているものですから、食事した後すぐに歯を磨くのは、この清浄能力を活用しないということになってしまいます。しかし、忙しい毎日のなかで、食後一定時間をおいて歯磨きをするというのは、なかなか難しいはずです。

こういった問題を一つひとつ解決していくことこそが、虫歯予防の根幹であり、そのヒントを的確に提供できるのが本当の歯医者さんなのです。

ページの先頭へ

歯周病の予防

歯周病予防

「細菌の数を減らすと同時に、噛み合わせにも注目した効果的な歯周病予防。」

歯周病の原因には、「口内細菌」ともうひとつ「噛み合わせによる噛合性外傷」というものがあります。噛み合わせが悪い人の場合、噛む度に歯を揺らすような力が加わり、これが歯と歯茎の間に隙間をつくってしまうのです(噛合性外傷)

隙間ができれば、当然そこに歯石が溜まりやすくなり、歯と歯茎の間を埋めようとする力(回復力)が働きませんから、歯周病に進行してしまいやすいのです。また、「噛む力」というのは、寝ているときに一番強くなっているので、無意識下において噛合性外傷を発生させてしまっていることが多いのです(歯ぎしりを想像するとわかりやすいでしょう)。

また、何らかのケガがきっかかけとなり口合性外傷を生じ、結果的に歯周病の原因になるといったこともあり得ます。したがって、患者さんの口内細菌だけに注目するのではなく、噛合性外傷があるかどうかをしっかりと見極めることが非常に大切なのです。

そのために当院では、噛み合わせの力や状態を診断することで、歯周病に至った患者さんの、「真の原因」を探り、治療計画を立てています。

ページの先頭へ