クリニックブログ

2017.05.07更新

こんにちは。

河合歯科矯正歯科の齊藤です。



今回は初めての歯磨きの方法についてご紹介します。


焦って歯磨きをする必要はないんですflair

まず初めは歯磨きガーゼを使用しましょう。

生え始めはお口の中に唾液が多く、歯を守る成分が多いので
すぐに虫歯にはなりにくいためです。




誕生~歯が生えるまで

最初の乳歯が生える前から、ミルクの後にガーゼで歯磨きをしていきます。

大人の人差し指に巻いて、やさしく口の中をぬぐうことで
まずは口の中に「物」が入ってくることに慣れるようにしていきます。

普段から赤ちゃんの口の中を指で触れることで、赤ちゃんはその感触に慣れたり
歯磨きをする大人も怖さを感じなくなります。
  



• 最初の乳歯が生えたら

最初の1本から赤ちゃん用の歯ブラシで磨いてあげるのが理想ですが
慣れないうちは、ガーゼやめん棒でぬぐうだけで十分です。

赤ちゃんが眠っている間は唾液が少なく、虫歯菌が活動的になるので
夜眠る前やお昼寝前は忘れずケアしてあげましょう。




・1歳以降~

この頃までに親子で歯ブラシに慣れて、寝る前に1本ずつ磨けるようになりたいものです。

赤ちゃんが喜ぶようなら、子供用のフッ素入りの歯磨き剤をほんの少し使っても大丈夫です。
終わった後は口をぬぐってあげましょう。



歯ブラシに慣れてきたら
2歳ぐらいを目安に、うがいの練習もしてみましょう。

水を吐き出せるようになると、歯科医院でフッ素を塗ることもできます。


ご自宅でも練習してみましょうnotes




投稿者: 千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、印西市にある

千葉ニュータウン河合歯科矯正歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。